人気沸騰中の韓国マカロン「トゥンカロン」の作り方教えます

『タピオカ』の次は『トゥンカロン』?

トゥンカロンとは、「トゥントゥンハン マカロン=太ったマカロン)」の略で
通常よりクリームもたっぷり挟んだ大きめなマカロンのことを指します。

今回はそんな太っちょでかわいい『トゥンカロン』
スイーツラボミルク』オリジナルの作り方をこっそり教えます。

もちろん店頭でも販売中です。

チョコバナナ

Tunkaron1

俺、オレオじゃないよ

Tunkaron2

ベリーベリーベア

Tunkaron5

キャラメルクッキー

Tunkaron3

シナモンとプレッツェル🥨コーヒー

Tunkaron4

Youtubeチャンネルも良ければ見てみてださい。
チャンネル登録やコメントも宜しくおねがいします!

そのさんぽチャンネル動画はこちらをクリックしてください。

家庭で作る場合のレシピ紹介

料理レシピ (トゥンカロン4個分の分量)

トゥンカロン生地
・卵白:42g
・グラニュー糖:30g
・粉糖:51.5g
・アーモンドプードル:42g

オレオクリーム
・バター:45g
・オレオ:お好みで

その他準備物

・ゴムベラ 1個
・大きいサイズのボール 2個
・絞り袋  1枚
・丸口金 9号 1個
・クッキングシート 1枚

 
 
作業の前に

クッキングシートを敷いた天板と絞り袋を準備しておくと
スムーズに作業を進めることができます。

 
マカロンの生地作り

 

粉糖とアーモンドプードルを目の細かいザルに一緒に入れて
だまにならないようにボールの中にふるってください。


②卵白とグラニュー糖を①とは別の大きなボールに入れて
しっかり角が立つまで泡立ててください。
色を付けたい場合は泡立たせる前に食紅も一緒に入れてください。

大きなボールに入れる理由は
泡立てていく中で卵白と砂糖と空気を含ませることでメレンゲすごい増えるからです。

ボールを逆さにしても落ちないほど泡立たせてください


③②で泡立てたメレンゲを①のボールに素早く混ぜて
ゴムベラを使用して繰り返し下から切るように混ぜて
粉っぽさがなくなるまで作業を続けます。
※メレンゲは時間がたつと品質が落ちるためお菓子作りの失敗原因になります。


④ゴムベラの面をボウルの側面に押し当てて生地をすり潰すようにします。
この作業をマカロナージュと言い
数回繰り返し生地にツヤがでてきたら止めます。

ゴムベラを持ち上げたときに三角形に垂れたら完成です。


⑤クッキングシートを敷いた天板が準備できたら
絞り袋に生地を入れて空気を抜きながら
間隔を空けて直径約3cmの丸を絞ります。
(サイズはお好みで決めてください)

絞った後は少し天板をテーブルにぶつけるときれいな円になります。


⑥30分から1時間程度、生地の乾燥をさせてください。
気になる方は軽く指で触り指にくっつかなければ大丈夫です。
※うまく乾燥していないとマカロンは膨らみません。


オーブンでマカロン生地を焼く
予熱、設定温度ともに150℃に設定をして15分焼いてください

※オーブンの機種やクセもあるから焼き時間は調整してください


⑧生地を焼いている間にクリームの準備をします。
クリームに混ぜるオレオを細かく砕き
常温に戻しておいたバターと混ぜてクリームは完成です。


⑨オーブンから取り出したマカロンの生地をしっかり冷まして
⑧のクリームを挟んで完成!

最後はお好みで追加でミニオレオやトッピングしても可愛くできます。

いろんな形の生地やクリームでも

作り方に慣れてきたら
ハート形やイチゴのクリームなどオリジナルを作っても面白いと思います。

もしよければ作られたトゥンカロン
インスタグラムで@sweetslabomilkをタグ付けしていただき
写真を見せてくださいね!
Facebookでも大丈夫です。

みんなで自慢のトゥンカロン写真を共有していきましょう。

Youtubeチャンネルも良ければ見てみてださい。
チャンネル登録やコメントも宜しくおねがいします!

そのさんぽチャンネル動画はこちらをクリックしてください。

店舗紹介

【店舗情報】
店名:スイーツラボミルク
住所:広島県福山市南蔵王町3丁目1−34
電話番号:84-983-3301
営業時間:10時00分~19時00分
定休日:月曜日
地図:Google Mapはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました