【神回きた】材料2つ生チョコクッキーの作り方〜糖質オフおからパウダーのスイーツレシピ

材料2つでオーブン無しでオッケー。

簡単な生チョコクッキーの作り方。おからパウダーを使った小麦粉なし、バターなし、卵なしレシピをご紹介します♪

★チャンネル登録はこちら。応援お願いします★
https://www.youtube.com/channel/UClb71cjvP6AmYspKnIIF2qw

オーブンなしと書きましたがオーブンでの焼き方とトースターでの焼き方を2種類紹介してます。
ご自宅で作りやすい方法で焼いてください。

🌟生チョコクッキー材料
・チョコレート(市販のもの)100グラム
・おからパウダー 大さじ1杯
※チョコレートのカカオ%によって甘さや糖質が変わってきます。
低糖質・ダイエットスイーツをお求めの方は
出来るだけカカオ分が高いものにすると糖質オフで作ることができます。
私はカカオ70%のチョコレートが食べれる限界でした。

0:00​ 生チョコクッキー〜オープニング(ダイジェスト)
0:53​ 生チョコクッキー〜作りはじめ(計量)
2:15​ 生チョコクッキー〜ラップで生チョコクッキーを成形
5:00​ 生チョコクッキー〜オーブンで焼く
5:42​ トースターで焼く
7:11​ 生チョコクッキー〜試食タイム
7:40​ 〜エンディング(チャンネル登録のお願い)

オーブンの場合
150°Cにセットして5分焼きます。
※オーブンによって焼ける時間が多少違います。ご家庭のオーブンにあわせて焼いてください。

トースターの場合
540wで5分
※ご家庭のトースターによって焼き時間は多少変わってきます。
焦げるようでしたら上にアルミホイルをかぶせて焼いてください。

🌟おからパウダー
おからパウダーは、乾燥おからの粒子をより細かくしたものです。
製品にもよりますが、
粒が小さくさらさらとしているので、
飲みものにそのまま加えることもできます。

ただ乾燥させただけの乾燥おからと違い、粒子の大きさがそろっていることも特徴です。
そのためパウンドケーキなどのお菓子にも使いやすくなっています。

【おからのカロリー・糖質】
おからのカロリーをみてみると100gあたりのカロリーは、生おからで約111kcal、乾燥おからで約421kcalとなっています。

また、100gあたりの糖質量は、生おからが約2.3g、乾燥おからが約8.7gです。

一見すると、乾燥おからの方がカロリー・糖質が高くみえますが、これは乾燥おからの水分量が少ないためです。水分が少ない分、栄養素が濃縮されています。

【おからの効果効能】
食物繊維で便秘・がん予防
おからの食物繊維は100g中、約11.5gあります。
セルロースという種類の不溶性食物繊維が11.1gで水溶性食物繊維が0.4gとなっています。

不溶性食物繊維は腸内で消化吸収されることはなく、腸の蠕動運動に刺激を与え、便の腸内滞在時間を短くして、排出してくれます。

そのため腸内を常にきれいな状態にしてくれます。
善玉菌のえさにもなるので、腸内環境も整います。水溶性食物繊維は、腸内でゲル状になって腸の中をゆっくりすすみ、脂肪・コレステロールの吸収を阻害したり、血糖値の急上昇を抑えてくれたりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました